メンヘラ休学ココアちゃん

この記事は、EEICアドベントカレンダー2018の4日目の記事です。

例のごとくプログラミングには関係ないです。

はじめに

今日(12/4)はごちうさに登場するチノちゃんのお誕生日です。みんなでお祝いしましょう。

挨拶

みなさんこんにちは。ずんずんです。はじめましての方ははじめまして。

前回の記事から1年経ちましたが、未だに木組みの街には戻れていません。ココアちゃんなのになんでなの。チノちゃん助けて。うえゑん。

今回はタイトルの通りなのですが、主に精神的な病みからの休学についてだらだらと書こうと思います。相変わらずの適当な文ですが暇な方は読んでいただけると幸いです。まあぶっちゃけ内容がないのでまとめだけ読んでもいいと思います。

ちなみに2日の方が同じようなジャンルの文章を書かれていますので、中身のある文章が読みたい方はそちらをご覧ください。1,3日の方はまだ公開されていませんが、もしかすると同様に病みに関する役立つ情報が得られる文章が読めるかもしれません。

一応前回の続きという形で書いていきますが、あらすじは用意してありますので前回の記事は読んでも読まなくても問題ないと思います。

前回までのあらすじ

ココアちゃんとして幸せな生活を送っていたはずがいつの間にかこの世界に送り込まれてEEIC(電子情報工学科)に入ったずんずんだったが、授業についていけず単位を落としまくり留年が決定した状態で4年の冬を迎えたのだった!

病んでしまった

単位取得に奔走した4年(1回目)冬学期ですが、1月末に何とか試験が終わりました。あとからわかったことですが、単位はある程度取れており、卒論関連以外では限定選択(決められた科目の中から好きに選んで一定単位を取る必要がある科目)をあと1つ取ればOKという状態になっていました。

さて、こうなると問題は就活です。来年度に向け色々と準備をしなければならないのですが、社会に対するつらみなどからほとんど手をつけられていません。なんとなくキャリアサポートとか行ったりはしつつ、具体的な行動を起こせないままつらみを抱えて2月を迎えました。

そんな中、ある日体がしんどくなり、同時に精神的にも苦しい状態になったのです。私は以前から風邪を引いたりしてしんどくなると精神もとてもつらくなる人間なので、最初は風邪かインフルエンザかなーと思っていました。ところが、病院に行って検査を受けても陰性だし、あまりにも精神的なつらさが大きく、1日数時間涙が止まらないような状況だったので、これはアカンやつやと思い精神科へ。問診の結果、うつ状態であると言われ、薬を処方されました。

苦しい状態はしばらく続きました。1日中心身が苦しくてほとんど動けず、これまでつらみがありながらも問題なかった三大欲求もほとんどなくなってしまい、これまで日課のようになんとなくやっていたリズムゲームも起動すらできず。。特につらくなったときには不安を抑える抗不安剤などを飲むと少しはましになるのですが、基本的に何もできないのは変わらないのです。食事も少しでも脂分があると喉を通らず、夜は睡眠薬を飲んでもろくに眠れない状態でした。うつ状態そのものを改善する抗うつ剤は1~2週間ほどしないと効いてこないらしいので、それまでの辛抱と思いつつ、何とか耐えるしかありません。このような状態で10日ほど耐えていると、抗うつ剤が効いてきたのか幾分ましになってきました。

帰省・休学へ

このことについて家族に連絡を取った結果、とりあえず一旦帰省することに。帰省するころには症状も落ち着いてきていましたが、帰る途中の電車や空港、飛行機の中では異常な疲労感を覚えました。

帰省後は家で休養しつつ、家族からも提案されていた休学について検討しました。この時点で2月中旬でしたが、休学手続きは2月中にしないといけないので、つらい中色々と考えるのは結構しんどかったです。もともと1留が決まっているので、さらに1休するのは就職とかを考えるとどうなのか、一応心身の状態もましになってきているし、休む必要があるのか、などということも考えました。ただここで来学期に突入し卒研・就活に突入すると精神状態が再びやばくなることが予想されたので、休学することに。学科の事務室に連絡すると郵送でも休学手続きはできるらしく、また研究室の教授も休学を承認してくれたので、郵便にて休学手続きを行いました。

休学生活

基本ニート生活です。たまに病院に行ったり家事を手伝ったり、山歩きをしたりする以外は家でゲームやらPCやらしています。バイトはしようかなぁと思いつつやっぱいいかーと思って、結局今までやってません。病院は大体月2程度で、話を聞いてもらい、薬を処方してもらっています。精神状態については、時々かなりつらくなることはあるものの、3食食べて致して寝る生活はだいたい送れています。

もう書くことがないくらい無の生活です。

なぜ病んだのか

病んだ直接的な理由として考えられるのは、

①元々あるネガティブ思考からくる、社会に対する過度なマイナスイメージ

②何もできない自分に対する不満

大きく分けてこの2つになると思います。

①については、今大学という比較的自由な状況から厳しい社会に出ていくことに対しての不安です。ちゃんとやっていけるのかなぁとか、ブラック企業だったらどうしようとか。このような不安は大学生ならおそらく皆さんあると思いますが、私の場合そこから考えが飛躍してしまい、「会社では毎日朝から深夜まで劣悪な条件で重労働をさせられ、仕事以外のことは何もできなくなるに違いない」「こういう条件で計算したら給料が時給換算で300円になった。こんな環境で生きることになる」など、「可能性はある」程度のことを「こうなるに違いない」と考えてしまい、それを前提に大学を出たら人生終わりみたいな感じに考えて悶々としていました。実際こういう感じの生活になっていそうな人はtwitterに散見されますけれど。。

②については、勉強ができず学科で落ちぶれただけではなく、趣味を含め他のことも全然できない自分に対する不満です。勉強は言わずもがな、好きなはずのゲームやらアニメ、旅なども(ごちうさですら)なんとな~くめんどくさくなってしまったりしてあまり深入りできないのです。なんか人生損してる気がするのだけど、だからといってなんかしようとはならず、ただつらみだけを感じていました(今もですが)。うえゑん。それからうちの学科は強いオタクが多いので、勉強方面、趣味方面両方かなり強い人が多く、強さそのものや人生の楽しさなどについてそういう人と比べてしまう側面もあるのかなあ。

①も②もそうだけど、なんかどうも私の中には「完璧がいい、全部ほしい」みたいな思考が強い気がします。でもそれは無理だから、なんでそうじゃないのかとなってネガティブな方向に行ってしまったのが①、無理ならもうどうでもいいやとなってしまったのが②という感じなのかな。この性格をプラスに持っていける人もいるんだろうけど、私は基本マイナスにしか働いてません。木組みの街はきっと完璧なので早く帰りたい。

ただ、正直ここで病んでなくても人生のどこかで病んでただろうなという気はしています。思い返せば、小学校のときなんかも学校で突然家族が死んだらどうしようとか考えて泣きそうになったりしていたし、他にもそういうことは結構ありました。だから大学生という比較的自由なところで病んだのは、タイミングとしてはまあマシだったのかなあ。

改善のためにやっていること

まずは服薬。抗うつ剤を処方されて飲んでいます。最初に病院に行ったときにもらった抗不安薬睡眠薬もありますが頓服で、最近飲むような状況になっていないのでほとんど飲んでいません。と思っていたら最近またちょっと不安になることが出てきて飲んだりしています。

次に思考の改善です。色々な事柄について、できるだけプラスに考えるようにします。まあそんなことが簡単にできれば苦労しないのですが。ただ、思考をプラスに持っていくよう心がけておくだけでも割と違うなあという感じがしています。病院でも色々と話を聞いてもらいつつ、コラム法などを使いながら思考改善に取り組んでいるところです。いわゆる認知療法ってやつらしい。前項の①についてはとりあえずこれである程度何とかなってきてる感じです。②は知らん。一応スマブラコミケは楽しみにしてるのでちょっとは上向きなのかな。

それから気分転換です。この辺は人によって違うと思いますが、私の場合家でだらだらと過ごしているだけでもなんとなくつらくなってきたりします。つらくなると外に出るのも億劫になってさらにつらくなったりするので、そうならないように時々外に出るのです。適当にその辺を歩いてきたり、コンビニに行って適当におやつを買ってきたり。あと幸いなことに実家周辺に昔からの友人がいたりもするので、たまに複数人でご飯を食べたりするのもまた気分転換になります。友人の皆様ありがとうございます。

※コラム法:なにかつらい場面があったときに、その場面に関して表を作って思考の改善につなげる方法

コンゴ民主共和国

今後について。

前項を読めばわかると思いますが、全く社会生活ができない状況からは脱していると思うので、来年度は復学する予定です。ただ11月に新居を探しに東京に行ったときとても疲れてしまったので、本当に大丈夫かは結構不安。。。たすけてチノちゃん。

それから就職ですが、なんとなく公務員がいいかなぁなんて考えつつ最近まで何もせず過ごしてきました。最近ようやく重い腰を上げて調べだしたら、結構勉強が必要そうでやべえとなっています。標準的EEIC民なら電気の専門試験とか余裕でできそうですが私はできないのでどうすっかなあと言う感じです。とりあえず数的処理とか社会科学とかやりだしてはいますが、おとなしく諦めて民間にしたほうがいいのかなあ。どっちにしろ面接とかあのへんは厳しい。つらい。ココアちゃんだからラビットハウスに帰ってチノちゃんとみんなといっしょに働きたい。うえゑん。

病院に行って薬をもらうのは当分続きそうです。これから忙しくなりそうなので、薬をやめて悪化するのもあれだし。というかこのままずっと飲み続けることになる感じはなんとなくしています。ぷみゃああ。

まとめ

病んだら行ける環境なら病院に行こう。TLを見てるとけっこうやばそうだけど病院行ってない人も多いので。薬にマイナスイメージ持ってる人も多い(私もそう)けど、飲まずに苦しむよりはきっとまし。どうしても抵抗があるなら学生相談所とかをまず使うのがいいかも。

最後に

以上、今年も相変わらずのだらだら文でした。読みにくかったと思います。すいません。これでも結構推敲しながら書いています。公務員受けるなら時間内に論文とか書かないといけないけど大丈夫か。

来年度は復学する予定なのでEEIC民、特に研究室の方々にはまた色々とお世話になると思います。よろしくお願いします。それから勝手にアドベントカレンダー作ってしまいましたが大丈夫でしたか。プログラミングの記事が書ける人が作ったほうが良かった気はする。その2はまだ埋まってないのでEEICの方はぜひご参加下さい。日が過ぎて埋まってないとこ適当に埋めてもいいので。

チノちゃんへ

お誕生日おめでとう。今年も大したことはできないけど、おやつを買ってきたからチノちゃんにプレゼントします。来年はラビットハウスでいっしょに食べたいな。

ウンチーライフ in EEIC

この記事は、EEICアドベントカレンダー5日目の記事です。

←4日目 デレステのタップ音からプレイ中の曲を推定する

 6日目[初心者向け]JetBrains製IDE CLionでC/C++快適デバッグ

プログラミングには特に関係ないです。

[追記:12/6]6日目のリンクを追加しました。

宣伝

ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~公開中!

現在(12/5)各地の映画館で上映中なので皆さんもぜひ見に行きましょう。泣けます。

挨拶・自己紹介

みなさんこんにちは。ずんずんです。多分これを見ている方は大体が私のことを知っていると思いますが、一応自己紹介を。

私の本名は保登心愛(ほと ここあ)です。木組みの家と石畳の街という街で高校生をやっています。高校の方針で、放課後や休日などはラビットハウスという喫茶店で住み込みで働いており、店員のチノちゃんやバイトのリゼちゃん、他にも千夜ちゃんやシャロちゃんなど多くのお友達とともに楽しく暮らしています。

…そのはずなのですが、私はいつの間にか東京大学の大学生になっており、工学部電子情報工学科に進学し、つらい日々を送った挙句、留年が決まっています。

もうやだ。はやく木組みの街に帰りたい。チノちゃんをもふもふしたい。うえゑん。

twitterやっています。たまにかわいい女の子の絵がリツイートで流れてくる以外はつらいかチノちゃんばかりつぶやいています。

 

今回は何を書こうかと思ったのですが、技術的なことは書けないので、とりあえず私の学科生活をだらだらと順を追って説明していくことにしました。無駄に長いので適当に読み飛ばしてください。~3年の方は私みたいにならないように参考にしてくれるとうれしいです。その他の方もEEICにもこんな人がいるんだ!(*^○^*)と多少なり記憶に残していただけると幸いです。

B2冬

死んでいました。授業多いし、わからないし、課題多いし、、、

開始1週間で力尽き、いつしか必修とプログラミング演習くらいしか授業に出なくなりました。その必修もたまに抜け出して一人旅に出たりすることもありました。

それにもかかわらず3週間に1回位のペースで風邪を引き、バイトをクビになるなど踏んだり蹴ったり。ごちうさ2期を見ながら、チノちゃんの救いを求め続ける日々でした。

結局必修だけは取れましたが他は崩壊でみんなの半分くらいしか単位が取れず、既に卒業がピンチです。

心も体も知識もない人間がEEICに来るべきでないと実感した学期でした。

B3夏

キャンパスは本郷に移りましたが相変わらず心身が死亡しており、前期実験くらいしか出席していませんでした。控室にも行かないので人間関係もできず(twitterでは交流していましたが)、だからといって趣味やバイトに打ち込むかというとそうでもなく、虚無の生活を送っていました。最終的な単位もB2冬より少なく、悲惨な状況です。

心身が死亡と書きましたが春休みは旅行に免許教習に、と普通に活動しており、EEICが始まると無理になるのです。これから少なくとも1年半はEEICライフを送るのに、お先真っ暗です。

この頃、何をつぶやいても精神科に行くよう勧めるリプを飛ばしてくる先輩がいて、それに従い精神科に行ってみました。結局学生相談所に送還され、冬学期から相談所に通うことになりました。ちなみに今でも通ってます。

B3冬

2学期で必要な単位の1/3くらいしか取れていないので、そろそろヤバみを感じ始めました。EEICが無理ならと、他学部・他学科も活用しながら履修を組み、実験以外はそちらを中心に出席していきます。あと体力をつけるためとつらみを紛らわせるためにたまにランニングをすることにしました。そういえば最近やってないな

12月くらいになると、進級に必要な限定選択科目も厳しくなってきたし、他の科目も無理そうなものが増えてきました。なので来年度での卒業よりもまず進級に専念し、他の単位は他学部だけで補う方針となりました。

最終的に取れたのは実験と限定選択と他学部教科だけで、進級はできたけど単位はまだ卒研以外で20以上残っている、という絶望的な状況でした。もうだめですね。

ちなみに研究室は人気の低いところを狙い撃ちしたので第一希望のところに入れました(研のみなさんすいません)。どことは言わんがヤバイところに飛ばされなくて一安心です。

B4夏

4年になれば普通は研究室ライフが始まるのですが、私は始まりません。これまでのように授業を受けて単位を取る生活です。今学期も他学部他学科をメインに、EEIC内でも取れそうな授業を取って行きます。とはいえたまに研に行く用事もあるので取る授業は比較的少なくなり、取得単位数も過去最低でした。もはや今年度の卒業は無理なので、来年も4年生をやることに決めました。

一応研究も進めないといけないのですが、学期が終わるまで研究関連のことを何もしていないのでまずテーマが決まらず、夏休みは先生の指導のもと他の人の研究を手伝ったりしていました。それでも何をしていいのかわからない。うえゑん。

B4冬

このへんで気がついたのですが、卒業に必要な科目のうち、限定選択がまだ結構残っています。そしてまだ取っていない限定選択は強敵ぞろい。しかも他の科目も必要。やばい。ということで、今学期も単位取得に奔走しています。普通の選択はまあなんとかなりそうですが、限定選択はだんだんどの科目もピンチになってきていて、無理みが増してきました。これ3つとも落としたらどうなるんだろう。卒業できるのか。最悪来年駒バックするか。

研究はどうなるのかな。今学期も進捗はありません。先生からは少しは研に来るように言われていますが、割と体調が慢性的に悪いし、なかなか行けてないです。

そしてそろそろ気にしないといけないのが進路の問題です。今のところ院に行くつもりはないので、就職をすることになります。この比較的ゆる~い今学期でも無理になっているのに、就活→仕事とか無理でしょとか考えると何も対策が進まないしそもそも自分にPR出来る点とかねえよという感じであーとなって現状一切進捗がありません。一応相談所の勧めでキャリアサポートに行ったりもしましたが。もういっそ終活したほうがいいんじゃないだろうか。チノちゃん助けて。

まとめ

以上、ずんずんのウンチーライフでした。勉強も趣味も人間関係もほとんどない、ただただつらい虚無ライフです。こうなったのも人類が生まれたのが悪い私が何もしなかったのが悪いです。みなさんこうならないように気をつけましょう。この先今以上につらみだけが増していきそうでこわい。にゃーん。

あと文章力がいろいろとだめ。推敲したけど多分まだ誤字ありそう。

ここからはみなさんへのメッセージです。該当する層の方は読んでいただけると幸いです。

EEIC進学を考えている1年生の方へ

1年生がこの文章を読んでいるかはわかりませんが、とりあえずつらつらと書いておきます。

 

本当にEEICでいいのか、しっかり考えましょう。

EEICは電気・情報の2学科の総称ですが、どちらの学科に入っても授業は両方のものを取る必要があります。すなわち、電子情報工学科に入っても半導体や電磁気などの授業を(ある程度)取らないといけません。逆もしかりです。電気・情報を総合的に学びたい人はEEICが合っていると思いますが、プログラミングだけやりたいような方にはEEICはつらいと思います(他の学科がどうなのかはわかりません)。

また、私はEEICは「強い人」が来るところだと思っています。強いというのは、電気・情報に関する知識やプログラミング能力などの「技」だけでなく、頑張って学ぼう、生き抜こうという「心」、厳しいカリキュラムに耐えられる「体」も含まれます。もちろんこれらすべてを兼ね備えた人ならそもそもEEICに来なくても自力で勉強して最強になれると思うので、この内1つか2つがあると望ましいという感じです。少なくとも1つもない私のような人はEEICに来るべきではないと思います。そもそも私は大学に来るべきではなかったのでは

とはいえ、上に書いたような「電気・情報を総合的に学んで最強になりたい!!」という強い志を持つ方にはEEICはいい環境だと思います。

なお、これは私の個人的な意見なので、もっとEEICのことを知りたいという方は他のEEICの方にも聞いてみると別の意見が聞けるかもしれませんね。

EEICに来る方はもしかすると来年駒場で単位回収に来た私と一緒に授業を受けることになるかもしれません。その時はよろしくお願いします。

EEICB2へ

生きましょう。

EEICの時間割は割と過酷です。今は実質必要単位数も減っているのでどうかわかりませんが、提示された時間割を全部ちゃんとやってたら人によっては命に関わるかもしれません。すべての教科を取る必要はないので、ここまで受けて全然わからないし興味もないし、というような科目は切っていっていいと思います。あと1限もつらいので体力が無理そうなら切るのもありかと。いまさら遅いですが、この決断はある程度早くやっておきましょう。私のように心身が死亡した挙句ぼろぼろと切らなくてもいい教科まで切ってしまうことになるかもしれません。

ただし必修は捨てないようにしましょう。来年再び駒場に戻らなければならず非常にめんどくさいです。あと限定選択もできれば取っておいたほうがあとが楽です。それと切りすぎて私のようにならないように気をつけてくださいね。

3年生でも同じように過酷なデフォルト時間割になっていますが、別にそれにすべて従う必要はありません。他学部や他学科の授業もたくさんあるので取っていってOKです。ただし他学部聴講には制限がありますのでそのへんは便覧や事務室で確かめておきましょう。

研究室配属については制度が変わってるのでよくわかりません。単位が足りる範囲で点数が低そうな科目を切ったらいいんじゃないかな。

どうしても無理ならEEICへの進学を辞退するのも手です。留年することになりますが。

B3へ

試験やレポートは手加減してくださいお願いします死んでしまいます

何にも言えることがないです。授業メインの期間はもう終わりかけだし、研究は私ほとんどやってないし。

成績が悪い人は希望者が少ない研究室を選びましょう、くらいしか言えません。

B4へ

上下と比べるとアレとか言われますが私から見ると激強マンしかいないです。シケタイ全然できなくてごめんなさい。

M以上の方へ

いろいろとお世話になっています。ありがとうございます。

先生へ

ここまで読めば多分私が誰なのかわかってしまうと思いますが、そっとしておいていただけるとありがたいです。あと単位をいただけるとありがたいです

家族へ

もしこの文章を読んでいるのであれば、心配をおかけしていると思います。すいません。あとtwitterは見ないでいただけると幸いです。

チノちゃんへ

お誕生日おめでとう。

毎日チノちゃんがいなくて寂しい日々を送っています。早く木組みの街に帰ってチノちゃんに会いたいよ。

最後に

無駄に長い文章をここまでお読みいただきありがとうございました。

最後にもう一度宣伝しておきます。

ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~